So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「メガネ探しの旅」新世紀 その2 [メガネ]

渋谷で見つけたメガネから始まったメガネ探し第4弾。
(Edgeは予測変換が出て、とっても便利なのになぁ。。。早く対応してほしいなぁ)
実は気に入っていたのは、オリヴァー・ピープルズのもので
よくあるオリピーの形ではない奴を気に入っていました。
見比べたくて、ネットで検索していたら、銀座のエレガンス・トウキョウっていう店にも
在庫があるらしく。

行ってみたのです。
新橋のプロントでスパゲティーとビールをいただきいざ。
「なになに?ソニービルの角を曲がって・・・」
歩いていたら、なにやら見かけたことがあるような???
あれ?あそこに地下駐車場の出入り口がある・・??
あれ?トリプルの近く??

ん??同じビル???

これには、からくりがありました。
ま、そこは内緒で。

で、いろいろと見せていただきました。
もちろん、気に入っていたオリピーのモデルもありましたよ。
オリピーの在庫が豊富でしたね。

しかしながら・・・・。
なんともかっこいいメガネを発見!!!!!
(めがね、って打つとまず眼鏡って変換されて不便・・・。覚えようよ。IEさん)
日本には入荷数が少ないそうなので、今はまだ内緒です笑笑

買う気満々です。
1本目のアン・ヴァレンタインと出会った時のようです。
今回、かなり金額が張るんですが・・・。

で、今回担当していただいた店員さん。
絶妙でしたね。
距離感もでしたし、知人と一緒に回っていたのですが(知人もメガネさんです)
知人に似合いそうなメガネもさくっと持ってきて。
それが本当に似合う!!!!
各メガネブランドにも詳しく、かといってうんちくを垂れるタイプの方でもなく。

ま、メガネだけ立派でもなぁっていうのもありますが
なにせ、「メガネが好き」でして笑

で、今回もやはり「メガネってかけてみないとわからない」と思いました。
同じデザインでも色が違うと似合わなくなったり・・。

今回狙っているのは「仕事ができそうに見える」タイプ笑
結果はいかに!!!


nice!(1)  コメント(0) 

「メガネ探しの旅」新世紀 [メガネ]

パルコに行くつもりが、閉館していて立ち寄った真向いの眼鏡店。
そこで、とあるブランドメガネでかっちょええのを見つけ、復活したメガネ探し。
運転用やPCメガネを除くと4本目となります。

しかし、まだ買うかどうかは未定。
ま、眼鏡店を回って試着してみるだけでも楽しめますので。

で、南青山の「リュネットジュラ・グラン店」から。
ここは基幹店なので、大量の在庫があります。
3階は「社長さん向け」なメガネも取り揃えています。

やはり、ここの品ぞろえは強烈で
初めてここを訪れた時には、まるで美術館にでも迷い込んだような感覚でした。
色彩もデザインも個性的なものがずらりとならんでいます。

最初はさすがに、かけるのさえためらっていましたが
気さくな店員さんの勧めで(今は六本木店にいらっしゃるようです)
かけてみたら、案外いけるww

そして、系列店の表参道ヒルズ店や六本木店も回ってみたりしていました。
表参道ヒルズ店はさすがに場所柄、若い人、もしくはカラーリングが綺麗なものを沢山扱っています。

今回、グラン店でやはり数点、気になるものを発見。
一点は「ルーカス・ド・スチール」というブランドの物。
ステンレスに皮や石、木材を張ったフレームです。
かなり「大人の男」を感じさせるメガネでした。

その後、渋谷で
ヒカリエの中の眼鏡店、公園通りを上がったところの眼鏡店
などを見て回りましたが、やはりリュネットさんと比べると
「オーソドックスな物が多い」印象でした。

で、前述の元パルコの向かい側にあるアイウェアメビウスさんで
もういちど、気になったメガネをかけてきました。
この前の店員さんもいました。
とても気さくな感じで、眼鏡を選びやすい感じです。
ここは、フルオーダーの眼鏡も作れるようです。

グラン店にいた店員さんが六本木に移動になったようなので
六本木店行ってみますかね。


nice!(1)  コメント(0) 

メガネは楽しい [メガネ]

せっかくなので、比較できるように。

リュネット・ジュラで購入した「Traction」

Traction1.jpgMichel Henau.jpg

下がまだ未購入なれども気に入っているミシェル・エノー。

下の方は、本当はもうちょっと淡い色合いです。

まだまだ今後出会うメガネが沢山いそうです。

とにかく、とにかく

沢山のお店を回って(同じチェーン店でも在庫が違います)

かたっぱしからかけてみてください。

思ってもみない形が似合うことが往々にしてあります。

そして、同じ形なのに色が違うとまったく印象も変わります。


nice!(0)  コメント(0) 

メガネ探しの旅 新紀元 その4かな?「ミッシェル・エノー」 [メガネ]

青山にもメガネ屋が沢山あることがわかったので、検索。

気になったのが「カムロ」

オリジナルのフレームと海外フレームを扱ってます。

店舗は銀座店の方が大きそうだったので、まずは銀座へ行ってみました。

銀座と言えば「トリプル」

カムロは意外にそこから通りを一本入った近い場所にありました。

お店に入ろうとしたら、まず、ワンちゃんがお出迎えw

店員さんに薦めてもらったのをいくつか試してみました。

で、せっかくなので「トリプル」もご挨拶方々覗いてみようとトリプルへ。

「常連」というわけではありませんし、その日はリュネット・ジュラで買ったトラクションをかけていたにも関わらず

うっすらと覚えてくださっていて、「最近、メガネにはまっていまして」と。

その日は知人のメガネを見ていたのですが

担当の方がなにやらあっちの方からメガネを持ってきました。

それがこれ

Michel Henau.jpg

目元だけですがw

なにこれ~?!

「ミッシェル・エノー」というメーカーのもの

もう「ナントカマン」の世界w

しかしながら、とても気にってしまいまして・・・w

しかし・・・。これをかけて電車に乗れるかな・・・w

トリプルの担当の店員さん。

最初のアン・ヴァレンタインの時もこそっと出してきまして。

しかも、それが似合う。

なにか「勘」が働くそうなんですが。

そういえば、「カムロ」の店員さんも仰っていたのですが

「メガネはね7本あったらいいのよ、日替わりでかけられるでしょ」

「1年に1本ずつ、7年かけてそろえればいいのよ」

そのお言葉に思わず「そっか」www

たしかに、特に女性の方は

「今日は何色の服にしようかな、靴はどれにしようかな」

と組み合わせを考えていても、メガネはいつも一緒だったりしますね。

「顔に載せるものだから大切なのよ」とおっしゃってました。

ちなみに、見立てていただいたのはカムロの社長さんだったようです。

日本人の顔に合うように小ぶりなメガネも沢山扱ってます。

女性のファンが多いようですよ。

で、最近青山などの出かけることが多かったので

「身なり」なども少し考えるようになりまして。

実は30代の頃はジャケットを着ていたのですが

最近はジャンパーの類ばかりでしたので、ジャケットも見て歩いていたのです。

銀座にはZARAとH&Mが並んで建っているので行ってみました。

船橋のZARAにはなかったジャケットがあったので試着。

少しはwきちんとした感じに見えたので買ってきました。

メガネ探しから始まったあちこちの店舗・街を訪れる機会。

たくさんのことを学びました。

それというのも、トリプルでのあのメガネに出会ったおかげ。

そういえば、当時担当さんが「出会いですから」と仰ってました。

考え方も色々と変わってきています。

当たり前ですが「イイものはイイ」

「価値」ということもさらに深く考えるようになりましたし。

そういったことを担当さんに告げて店をあとにしました。


nice!(0)  コメント(0) 

メガネ探しの旅・新紀元その3「TRACTION」 [メガネ]

引き取りに行ってまいりました、青山へ。

KIMG0150.JPG

「TRACTION」というメーカーです。

金子のメガネと同様に鼻の上の部分が盛り上げっていないデザインになってます。

KIMG0153.JPG

こんな感じにスケスケです。

ツルの部分の金属フレームはもっと明るい金色で、ラメが入ってます。

ケースはこんな感じです。

KIMG0152.JPG

今回はメーカーオリジナルを選びましたが、好きなものを選べます。

メガネ拭きの色も数種あって選べます。

最初に買ったのはこれ

KIMG0148.JPG

全体的に細身でこ洒落てます。

次が金子オプティックのこれ

KIMG0151.JPG

この、ちらちらと見え隠れする青が気に入りまして。

しばらくは、この3本で楽しみたいと思います。

結局3本も購入したのは、「色」ですね。

どれもとても綺麗なので。

今回訪れた「リュネット・ジュラ」

仕入れているメガネは「小さなアトリエ」 「色が綺麗」 「作者の哲学が感じられる」などなど

こだわりの仕入れをしていらっしゃるようです。

そして・・・

青山・表参道界隈にはさらにメガネ屋がいくつかあることを発見w

そしてその日、表参道を歩いていたらなんと!

音響さんチームと遭遇!

そこは、会館でもライブハウスでもなく。

ファッションビルの中でのプレス向けのイベントがあって歩道で待機していたようで

そこへ、ばったり。

まさに、偶然。

最近、あまり一緒にお仕事をする機会がないので、なんだか会えてうれしかったです。


nice!(0)  コメント(0) 

「お店」(メガネ探しの旅、新紀元に付随する) [メガネ]

行ってまいりました、南青山「リュネット・ジュラ・グラン」

担当の方に「ついにやってまいりました」と告げ、一応視力検査

本当はもう一段階度数をアップしたほうがいいのですが

なにせ、仕事中に近くのちっさい液晶画面の中の数値を見なければならないので

近くが見えなくなっても困ります。

かといって遠近両用は、近くは下に設定されています。

数値を表示する液晶が頭よりも上にある場合もあるので、これでは困る。

ってことで、やはり左側だけ0.5のレンズということに落ち着きました。

その間、担当の方と色々と話をさせていただきました。

その方もやはり「メガネの話をするのが好き」な方でした。

そして、けっして「売る気満々」ではないといこと。

その方も洋服売り場で「いかがですか?」と声かけされるのが苦手だとか(笑)

自分も、さっとあててみてとっとと買ってくるタイプです。

デザインがどうとか、生地がどうとか能書きはいらんのです。

メガネ屋さんでも、「そちらの製品はチタンを使用していてとても軽く・・」などなど

尋ねてもいないことを並べ立ててくる店員さんがいます。

それよりも、じっくりゆっくりと自分に似合っているのか試してみたいのです。

素材は「気になったら」尋ねますからw

ここに来てから、よそのメガネ屋では物足りなくなってしまいました

と言ったら笑ってました。 

その担当の方と「メンズの洋服はあまりいい色合いのものがない」などで大いに盛り上がりましたw

今回、5万円ほどの買い物となりましたが

もちろん、メガネも抜群に素敵なのですが

それだけではなく、「満足を買う」のだなと思いました。

その方の名言

「メガネは楽しい」

笑笑

うちの製品にも、これを活かしていきたいですね。


nice!(0)  コメント(0) 

メガネ探しの旅、新紀元(笑)「リュネット・ジュラ」 [メガネ]

別の用事で青山に行ったときに、3階建てのビルのメガネやさんを発見!!

なにやら、フランス語の店名です。

「Lunettes du Jura Grand」

カタカナでは「リュネット・ジュラ グラン」と読んでほしいみたいです。

ジュラ地方の眼鏡屋さんという意味みたいです。

系列店がいくつかあるようで、その基幹店のようです。

まぁ、とにかく「メガネを見る」のが趣味になっておりまして(笑)

通りから覗いた店内もなにやら期待感ありの品揃え。

扉を開けて、入店してみました。

!!!!!

なんだか、見たことないようなメガネがずらっと並んでいますww

「これ、どんな人がかけるの??」っていうような奇抜なデザイン!!!

3階までありますので、ご自由にご覧ください

というので、2階に上がってみました。

!!!!!!!!

ここも、さらに奇抜なデザイン、色使いのメガネ、メガネ、メガネ

そう、まるで美術館を見ているかのような・・・・。

そして、奥の通りに面した方に、なにやら美しい色たちのメガネが沢山あります。

セルロイド(アセテート)の綺麗な色が目を引きます。

フランスの「Traction」というメーカーのメガネでした。

真っ赤やブルーなどの際立った色のものから、薄いグレーの透き通った素材のものまで。

いくつかかけさせてもらったのですが、その中の1点を気にいってしまいました。

透明なセルロイドに薄くグレイの色づけ、細い赤のラインやうっすらと水色が見えるフレーム。

ぱっと見た目は地味なのですが、かけてみると実に見栄えが良く美しい。

形はオーソドックス。

でも、色合いがとても美しい。

リュネット・ジュラさんでは、奇抜なデザイン、色合いのものを集めて扱っているそうです。

たしかに、店内変わっためがねがたくさんあります。

が、しかし・・・。

目が慣れてくるとwなんだかそこが素敵に見えてきます。

そこのお店ではコレクションとしてメガネを買う方が多いそうです。

もし

買ったら、画像載せます。

銀座トリプルさんとはまた違った色合いのメガネを扱ってらっしゃいます。

いちど、覗きにいってみてくださいな。

店員さんがとっても気さくな方です。

リュネット・ジュラ


nice!(0)  コメント(0) 

続々・メガネ探しの旅  [メガネ]

今回はレイクタウンで作ったので、送ってもらいました。

KIMG0039.JPG

KIMG0040.JPG

KIMG0043.JPG

偏光レンズの中で一番薄い色にしました。

左目に度が入ってます。

これから、日差しが強くなる季節。

活躍してもらいましょう。

どこかへ出かけるたびに、メガネ屋を覗いているわけですが

例の「トム・フォード」。

最近は、トム・フォードっぽくないモデルも出ていて

それがけっこう素敵でした。


nice!(0)  コメント(0) 

続々・メガネ探しの旅 [メガネ]

仕事中、かけっぱなしのPCめがねのレンズがだいぶ汚れてきて

メガネクリーナーや中性洗剤で洗ってもきれいにならないので、

じゃぁ、度を入れてもらって作ろうかということで

出かけた帰り道にあったZOFFを覗いてみました。

店内を見ていたら「ドライビングメガネ」なるものを発見。

偏光レンズがはまっていて、日中でもくっきりはっきり見えるとか。

メガネをしなくても、見えるのですがかけたほうがより見やすい。

で、西日の時間とかはサングラスをしていたのですが、めがねになったのでサングラスができない。

ていうことで、運転の時のメガネも候補に。

その日は、候補だけを決めて帰宅。

後日、その店舗へ行ってみたらなんとそのビル自体が休館日・・w

で、近くのZOFFへ移動。

残念ながら、候補にしていた製品はなく。。

で、そこのモールには和真メガネが入っているので覗いてみました。

こちらの方が品揃えが高級。

ちょっと気になるレイバンがあったので、一応候補に。

そして、ZOFF。

PCメガネ用にと思っていたフレームをかけてみました。

これがまた、いい感じで。

以前、銀座のトリプルでかけてみたジョニデが映画「トランセンデンス」でかけていたやつに似たwタイプ。

まぁ、また丸メガネっぽいやつです。

日本人向け?にオリジナルの方よりも小ぶりになっていて似合う。

で、これを偏光レンズにして、度を入れるといくらかかるかと聞いて。

結局、こっちを運転用にしました。

結構似合っていたので、外でかけたくてwww

物が来たら写真載せます。

・・・・って、なんかちっとも仕事していないみたいですが

仕事はみっちりやっております。

編集してると気が立ったままで寝付けないので、日記でも書こうと。

なんででしょうね。

編集してるとどんどん夜型になっていって昼夜逆転w

知人のまた知人に映画関係者さんがいるのですが

その方々もがっつり真夜中型のようです。

先日、上野動物園に行ったそうですが、ついたのは閉園1時間前とかw

わたくしは動物園に行くときはきっちり朝起きてでかけます。

極力、動物園の中にいたいので。

ちなみに、最近よく行くのが画像や桜の映像でも良く出てくる「東武動物公園」です。

ちょっと遠いけど、なにせ敷地が広くて、緑もいっぱい。

動物にも直接餌があげられたり。

帰りは武蔵野線に乗り換えるので

南越谷かレイクタウンに寄ってショッピングや食事をして帰ります。

で、プライベート用にビデオを編集したりするのですが、

これはもう好き勝手やれるわけです。

そうなんです。こういう場面で新しい技とか発見するのです。

製品で冒険はできませんので。

新しいカメラもこういった場面で試し撮りをしています。


nice!(0)  コメント(0) 

メガネが気になる [メガネ]

テレ朝の番組で主人公がサングラスとメガネを頻繁にかけかえていて、メガネはいくつかある様子・・。

・・、メガネが気になるw

いつも、パソコン作業のとき(というか、ほとんど日がな一日)PCメガネをかけてます。

ブルーライトを軽減してくれるやつですね。

この手の元祖JINSのものを使っているのですが、そろそろ買い換えたい?

最近、ZOFFがお洒落な感じのを扱っていたので(価格帯も12,000円という前はなかったラインナップ)

そのシリーズにしようかとも思っているものの・・・。

あの、カネコオプティックの青ふち丸メガネも気になるw

ただ、自宅でかけるだけなのでZOFFで作ろうかと思っていますが。

今かけてるのは度が入ってないので、こんどは度も入れてもらって。

メガネ病です(笑)

・・にしても、

高槻に行く機会があったら、ぜひ大島先生にご挨拶したい。

「かなり見えるようになってきました」と。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。