So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メタこれ「C2-B5」 [模型(フィギュア)関連]

届きました。
ローグワンで活躍?するらしいC2-B5
IMG_20161126_125700.jpg
これ もカタカナでしたね。

で、中身
IMG_20161126_125855.jpgIMG_20161126_125904.jpg
やっぱり背中におっきな穴がww
このネジ穴、どうにかならないんでしょうか・・
ま、出来はこの価格を考えればとてもいいです。
メタルの部分は胴体のみですが、それでも質感もいいです。

IMG_20161126_125920.jpg
ただ、思ってたよりもちっちゃい。
既に発売されているR2-D2の商品見本で見てたんですが
実際に届いてみると・・・。
IMG_20161126_130015.jpg
なんと、BB-8と同じ大きさw
IMG_20161126_130033.jpgIMG_20161126_130048.jpg
隣はブラックシリーズのR5。

元箱はトミカだと思うのですが
IMG_20161126_130427.jpg
ね、ブラックシリーズでも入りそうな箱なのに
何故か中身が小さい・・。
ノンスケールといえども、やはりBB-8とは整合性を取っていただきたかった。
IMG_20161126_231559.jpg
R5とも、なんだか親子のようになっちゃってます笑

でも、出来はいいのでR2も揃えようかな・・。

それとも、U.S.DisneyPark版のドロイドファクトリーを買うか・・。
それとも、美味しい焼き肉を食べるか笑

ちょっと事前に買いすぎのきらいがあるのでw

ただ・・・今回出てくるらしいAT-ACTとAT-STは小さいのを注文しておきました。
トミカ版AT-ATが出てて、脚も曲がってよさげだけど、
ローグワンでは、腹の部分がオレンジのAT-ACTってのが出てくるらしいので・・。
AT-ATカーゴとも言うみたいだけど・・。

今回ブラックシリーズからはC2-B5は出ないんですかねぇ。

DisneyParkからは発売されていて、すでに高値ですが・・。
買うなら、赤いB5が入っている方にしようかと・・。
そっちなら3,000円くらいなので。
日本のディズニーランドには、ドロイドファクトリーってあるのかな???
ただ、ドロイドファクトリー版は脚の部分の配線が再現されていないんですよねぇ。
細かすぎるかww

 


nice!(0)  コメント(0) 

Avenged Sevenfold 「Paradigm」メイキング [仕事・音楽]

もっとかっちょええの見つけました。




いやぁ、新ドラマーさん、期待させますねぇ。
一気に人気ドラマーにのし上がるでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 

「Avenged Sevenfold」の復活!!!!!!!!!(泣) [仕事・音楽]

Revがいたころのアヴェンジドが好きだったのですが、
残念ながら他界・・。

その後、一時期マーク・ポートノイ(exドリーム・シアター)が参加していましたが
そのあとのツアーサポートからの後継者、エレン・イラハイのごり押しで一辺倒、粗削りのドラミングがあまり好みではなく、なおかつギタリストのシニスター・ゲイツもフレーズが冴えがない感じだったので
その後発売されたアルバムは買わずにいました。
普通のハードロックバンドのようなサウンドになってしまったからです。
世界中での売り上げは良かったようですが・・。

今日、久しぶりにyoutubeで彼らの様子をうかがってみました。
どうやら新しいアルバムが出ているようです。
そして、キャピトルタワー(ですよね?)の屋上で収録されたビデオを見ました。
あれ??なんだかドラマーさんが前と雰囲気が違うような・・
髪でも切ったのかな??
ん?なんかフレーズの感じも違うな・・。

早速、ウィキです。
正解、ドラマーが交代していました。
さらに検索すると、エレン・イラハイとは方向性の違いから脱退してもらったらしく
しばらくドラマー探しをしていたようです。

新ドラマーは、ブルックス・ワッカーマン。

これは!!と思い、さっそくiTUnesでアヴェンジドのニューアルバムを検索。
「The Stage」
一曲目はプロモで見たので、2曲目「Paradigm」へ。

なんと、かっちょええんでしょ。
亡きRevを超えるようなドラミング。
実に多彩です。
スネアのタイミングが絶妙です。
そして、速い。
もの凄い、手数足数王です(笑)
ドラマーが変わったことでギタリストのシニスター・ゲイツも刺激されたようで
絶頂期のような刺激的なフレーズを披露してくれてます。

アレンジもRevがいたころのように、また多彩に!!!!

これは、ドラミングが様々なジャンルについてこられるからですね。

最近のアヴェンジドにちょっとがっかりしていた方々、このアルバムは「買い」ですよ!!!
じつに、アヴェンジドらしく、そしてカッコイイ!!!!

その「彼」のオシャレな姿が見られるプロモ。



きっと天国にいるRevも喜んでいるんじゃないかな。
表題の楽曲、「The Stage」よりも、そこから続く2,3,4・・・
強烈です。

アレンジが本当に、Revがいたころのように(嬉)(泣)(笑)
ボーカルシャドウズ

カッコイイ!!!!

ぜひ、聞いてみてください。 
やっぱ、アヴェンジドってこういう感じの独特なドラミングとギターだよね。
Twitterじゃないけど、拡散希望(笑)

きっと、新しいドラマーさんのフレーズがぴったりはまって、みんな何かを取り戻したんだろうね。

Revの影を追っていた感じだったからね。
これで、安心だ。
もう、次回作も楽しみ(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

「ROGUE ONE」グッズ [映画・ゲーム・ブルーレイ・オーディオ]

映画公開まで1か月を切っていますが、ちょこちょこと買ってます。
まずは
IMG_20161117_165624.jpg
まだ開けてません。
X-WINGとタイ・ストライカーです。
そして、同じホットホイールのインペリアルシャトル。
IMG_20161118_152105.jpgIMG_20161118_152142.jpgIMG_20161118_152225.jpgIMG_20161118_152233.jpg
翼の展開ができます。
IMG_20161118_152246.jpgIMG_20161118_152257.jpg
ちょこっとトレイラーに写っていたような気が・・・。
そして、ブラックシリーズの
IMG_20161121_213326.jpg
クレニック・インペリアル・シャトル。
今回登場する人物、オーソン・クレニックの搭乗するシャトルのようです。
IMG_20161121_213526.jpgIMG_20161121_213605.jpgIMG_20161121_213824.jpg
一応、脚の出し入れができますが、スケールの都合でかなり小さくて無くてもよかったようなw
そして!
IMG_20161121_213908.jpgIMG_20161121_213925.jpg
カイロ・レンの時とは違い、翼の展開ができます。
さらに
IMG_20161121_212522.jpg
R5です。
新しいトレイラーにメイキング映像がありますが、
その中で、未塗装のR2の横に写っていました。
写っているのは真っ赤な塗装なので、R5-D何番かでしょうね。
これ、ブラックシリーズらしく、可動個所が多めです。
まず、大切なのが
IMG_20161121_213056.jpg
メタこれのR2のように、背中にねじ止め用の大きな穴はありません。
それがメタこれのR-2を買わなかった理由でもあります。
(ただ、C2-B5はメタこれで買います・・)
そして、
IMG_20161121_212747.jpgIMG_20161121_212808.jpgIMG_20161121_212820.jpg
脚が動かせます。足首の部分も曲がります。
さらに!
真ん中の脚は取り外せるので
IMG_20161121_212926.jpg
2足歩行モードが再現できます。
IMG_20161121_212844.jpgIMG_20161121_213028.jpg
わかりづらいですが、足首が動くので、左右の脚が平行ではない場面も再現できます。
ちなみに大きさですが
IMG_20161122_201005.jpg
となりはメタこれのBB-8です。


nice!(0)  コメント(0) 

分別のない若者たち 2 [日記]

夏の大型プール施設で起こった、若い女性への切りつけ事件。
どうやら、若い少年グループによる犯行のようですね。

ほんとうに、卑劣な事件でしたが・・・。

彼らは、「何がしたい」んですか???
目立ちたかったから、ですか???

あまりにも「短絡的」すぎます。

営業を停止したり、プールへ入れる人員の制限などで
数億円単位の損害がでたそうですね。
当然、損害賠償を検討しているそうです。

一生かかっても支払いきれないでしょうね。

なぜ、そんなに分別がないのですか????

 


nice!(1)  コメント(0) 

「インディペンデンス・デイ リサージェンス」3Dブルーレイ [映画・ゲーム・ブルーレイ・オーディオ]

IMG_20161104_204407.jpg

はい、これも4Kとの抱き合わせ販売・・。
しかしながら、20世紀フォックスさんは良心的で
バカ高いなんてことはありませんでした。
ま、むしろ仮に将来4K周りを買ったら見てみたい感じですね。

んで、これ。
発売されて、わりとすぐに観たんです。
映画館でもロードショウ期間が思ったよりも短くて
映画館で見逃してしまいましたので、とても楽しみにしていました。
もちろん、前作が大好きだからですね。
映画冒頭の、巨大宇宙船の影が忍び寄り、空を覆いつくしてゆくシーン。
カウントダウンが0になり始まる強烈な攻撃。
ストーリーとしても、映像的にも優れていました。

そして、満を持しての続編。
なにやら、オリジナルのキャストも出演しているらしく・・。

作品冒頭で、新たに建設された月面基地が映し出されます。
そして、そこで活躍している新しいクルー。

この出足で、作品は宇宙空間も含めた展開を見せるのだろうと期待も大いに膨らみます。

そして、場面は地球に移り、見かけたことがあるようなシーンに。
ここで、オリジナルのキャストが顔を出します。

その後、新たな異星人の襲来を調べに月基地へと。
敵か味方かもわからぬまま、とにかく前回のことがあるので
アメリカ大統領の決断で核攻撃。
あえなく、宇宙船は墜落・・。

と、そこへ今度はとてつもなく巨大な宇宙船が地球を目指し飛んできます。
前作も「圧倒的に巨大な宇宙船」でしたが、
今回はそれを遥かに凌ぐ超巨大宇宙船・・・・。

ん??
なにか、二番煎じ的な??

この後の顛末はご覧ください。

しかし、オリジナルキャストをよくここまで集めましたね。
それは、素晴らしいんです。

ただ、その後のストーリー展開がオリジナルキャストを中心に進んでいきます。

しかしながら、前作の中心人物、ウイル・スミスは出演しておらず
彼の息子という役柄で新人が起用されていますが、あまり映画を引っ張れていません。
その相棒という形で、「ソウ」役のクリス・ヘムズワースの弟、リアム・ヘムズワースが出演。
兄と様相が似ているので、あえて違う印象を持たせるためか、髪型がいまひとつ??
ところが、彼もあまり活かされていません。

これはひょとして、彼らの実力云々ではなく、監督の目線がオリジナルのキャストに向いていたためでしょうか。

地球側も新たな兵器や飛行機を生産していましたが、まるで役に立たず・・。
敵方の攻撃は絶大でした。
そこへ、ある展開があり、いよいよ最終決戦となるわけですが・・。

ここで、さらに展開があるのだろうと思っていたものの、
そこから話が膨らむことはなく、むしろ前作よりも規模が小さくなってしまっています。
サウンドトラックも、エメリッヒ監督とはよく仕事をしている方たちのようですが
あまり耳に残るフレーズなどもなく、映画を盛り上げる効果はあまりありません。

最近のエメリッヒ監督といえば、「破壊」がウリになっていて
デイアフタートゥモロー、2012などで行き過ぎなくらいの映像を作り上げてきました。
その「破壊」も、もうすでにやりつくした感があり・・。

最後に、エイリアンのボスが出てくるのですが、
それが、「エイリアンV.S.プレデター」に出てきた、エイリアンクイーンにそっくりでしたし。

ストーリーの展開のさせ方も、ちょっと古い感じ(作り物臭い)がしました。
最近はSF映画などでも、わりとリアルな感じで描かれていますので。

まあね、映画館の超巨大なスクリーンで見たら、そういう部分は面白かったのかもしれないです。

と、あらためて「ウイル・スミス」は凄いんだなと実感。
前作では、彼がかなり引っ張っていたということなのでしょう。

というわけで、ちょっと残念でした。


nice!(0)  コメント(0) 

分別がない若者たち [日記]

最近、ばかげた事件が増えましたよね。

また、事件ではなくてもルール違反、マナー違反がとても増えました。

これって、要は分別がなくなってしまった事によるものですよね。
分別、やっていい事、駄目なことの判断をすることですね。
普通なら成長と共に、中学生も高学年あたりになると
やっていいこととダメなことがわかってきて
ダメなことはやらなくなるものです。

しかしながら、最近の若者はこれがないので、馬鹿げた事件を起こし一生を棒に振ってしまいます。
不適切な行いをツイートするバカッターもこれですね。
一流大学に入学しながらも、馬鹿げた事件を起こし、氏名もさらされ、大学も退学処分・・・。

彼らの行動はまるで幼稚園児のようです。

電車内での化粧や飲食もこれですよね。
「なんで、電車の中で化粧や食事ができるの?!」と疑問だったのですが
「分別がないから」だったわけですね。

どこでもここでも、というわけです。

レストランやショッピングモールで子供が走り回るのもこれですね。

これって、幼少期からの保育園に問題の根源があるのではないでしょうか。
分別って、幼少期に親と過ごし、やってはいけないことをしてしまった時に
親から直接「それは○○だから、やってはだめよ」と叱られることで身につくことなのではないでしょうか。
保育園では、一人の保育士が数人の面倒をみているため、細かく見ていることは不可能です。
また、一緒に買い物に行くとかいう経験も当然積めません。
そんな風に育ってくるので、分別を持ち合わせないまま大人になってしまうのではないでしょうか。

最近「待機児童」という言葉をよく耳にして、また待機児童を減らすことが政策とされていますが
そうではなくて、母親が働かなくてもよい社会の実現の方が大切なのでは?

あ、そういえば・・。
分別があれば、あの「オリンピックエンブレム」の問題も当然起きなかったですよね。

やっていいこととダメなことがわかっていれば。

○○GOをしながら運転して、人をはねるとか
観光地に大挙押しかけるとか・・・。
これらも全てそうですね。

そうした問題を起こしているアプリ自体を配布し続ける任天堂も分別がないですよね。

いつから、日本はこうなってしまったのでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

ダース・ベイダー [模型(フィギュア)関連]

先日のこれ
IMG_20161114_224906.jpg
開けました。

IMG_20161114_233836.jpg
ローグワン版です。
IMG_20161114_234009.jpg
後姿がカッコイイですね。

この、長いマント外せます。
それにしても、3.5インチシリーズは肘・膝が曲がらないので
ほとんどポーズ付ができません。
いまのところ、6インチ版は販売されていなかったような???
せめて、肘だけでも曲がればねぇ。
ビークルの類は翼の展開、脚の出し入れ、キャノピーの開け閉め
となかなかいい具合なんですがねぇ。
足の付け根が動させるのですが、膝が曲がらないのでまったく意味がありません。

IMG_20161114_234100.jpg
ま、安価に入手できるので、ただ飾るならね。
一応このクオリティーなので。
ダース・ベイダーの声は誰がやるんでしょうね。
全然違う感じの声だったらある意味面白いww
「カー コー カー コー」いうだけだったりして(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

「デンジャラス・ラン」ブルーレイ [映画・ゲーム・ブルーレイ・オーディオ]

またまた、デンゼル・ワシントンの映画です。
IMG_20161114_014453.jpg

今回の相方はライアン・レイノルズ。
…といえば、「グリーンランタン」・・・。
これはこけましたね。
そして!
デッドプール!
低予算の映画だったようですが、ある意味ヒット。

原題は「セーフ・ハウス」
CIAの秘密裏のアジトのことです。
重要人物の審問を行ったり、一時的にかくまったり
様々な要素で使用していたようです。

この映画での主人公は実は、ライアン・レイノルズの方です。
とある国のセーフハウスに赴任している新米職員マット。
日々、まったく事件など起こらず、退屈な毎日を過ごしています。
そこへ突然、重要人物のフロスト(デンゼル・ワシントン)が連行されてきます。
審問の準備中に、隠れ家であるはずのセーフハウスに襲撃が・・・。
マットは、フロストの力を借りて、からくも脱出。
彼と二人での逃避行が始まります。
その陰には大きな陰謀が・・。

ここでのデンゼル・ワシントンもさすがで、元CIA職員最強のエージェントという役柄を
きっちりと魅せてきます。
そして、主人公のマット、ライアン・レイノルズも新米で銃さえも撃ったことがないようなが徐々に変わっていく様子を好演しています。

いつもの、デンゼル・ワシントン物のように、いつも間にか、
ここでも彼らの身を案じるようになります。

そして、エンディング・・・。

まぁ、見事な映画です。

 


nice!(0)  コメント(0) 

X-WING レジスタンスバージョン [模型(フィギュア)関連]

ホットホイールの白黒X-WING。
箱にレジスタンス機と説明があります。
IMG_20161111_000116.jpgIMG_20161111_000131.jpgIMG_20161111_000342.jpg
残念ながら、可動部分はありません。
翼も固定されています。
そして、なんとハスブロのブラックシリーズ同様
後ろのジェットノズルの上が長い仕様になっています。
映画の中では上下同じ長さです。
IMG_20161111_000410.jpg
ま、可動部分はないものの、細かい描写が施されています。
IMG_20161111_001854.jpg
みんなでタイ・ストライカーを追いかけているの図

トレイラーの中では、赤い帯のX-WINGのように見えますが
それにたいしてU-WINGは「フォースの覚醒」と同じ水色のカラーリング。
そして、レジスタンス機は白黒。
実際に映画の中で活躍するのは、どれなんでしょうね。

でも、映画が始まるころにはきっと人気機種は売り切れ・・・。

ちなみに、トイザラスで見かけて買っておいた「50周年エンタープライズ」
「ビヨンド」の文字が見当たらないので、今作のエンタープライズではないのだろうと思っていましたが
なんと、今作が50周年記念作で、今作のエンタープライズでした。
IMG_20161110_223624.jpg
ま、すっごく小さいんですけど。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。