So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ドクター・ストレンジ」3Dブルーレイ [映画・ゲーム・ブルーレイ・オーディオ]

先日の二つの記事、ついうっかりエッジで入力したら、改行も何も反映されていませんね・・。
ソネットに検証と修正をお願いしているのですが・・。

それっきり音沙汰なしです。
解決できない問題はほっておく体制なんですかね・・・。

てか、いまどきエッジに対応していないって・・。

アメブロに引っ越してもいいだけど、そうなるとプライベートのと、その都度ログインしなおさないといけなくなるからなぁ・・。

で、表題のドクター・ストレンジ(エッジIEだと予測変換が出ないので面倒・・)
IMG_20170706_181015.jpg
もちろん、映画館で観ました。
ちょうどいい時間帯がなかったので、その時は日本語吹き替えを選んでみたのです。
で、宇宙みたいなところに放り出される場面
「これは吹き替えでよかった」などとおもっていたのです。
しかしながら、やはりカンバーバッチに肉声も気になる。
吹き替えで見た印象の「ドクター」ストレンジは高飛車な人物のイメージでした。
で、声が低いカンバーバッチの肉声ならもっと高飛車感があるんだろうと思っていたのです。

見てみました。もちろん原語で。

あら??
主人公の「ドクター」ストレンジは高飛車ではなく、確固たる自信に満ち溢れた人物でした。
セリフも抑え気味の声で喋ります。
そして、例の宇宙空間に放り出されるシーンも字幕でも問題ありませんでした。
むしろ、ほかの登場人物も原語の方が、よりキャラクターがたっていました。
当たり前っていえば、当たり前ですけどね。

ってことで、今後映画館で見るときは「原語」上映でみます。

ちなみに、最近ディズニーアニメは吹き替え上映しかしなくなってしまったので
ブルーレイが発売されるのを待って観てます。
(馬鹿な話・・・)

しかしまぁ・・・。
ドクター・ストレンジ・・。
いったい、どういう脳みそしているんでしょう・・。監督。
とっても複雑な映像を見せてくれます。
俳優陣もグリーンスクリーンしかない場所で演技をしていたりしますね。
ちなみに、カンバーバッチ。
メイキングでひょうきんな一面を見せてくれています。
というより、かなりのおふざけ屋さんww

ドクター・ストレンジもマーベル・ユニヴァースに参加するようですが・・・。
どうなていっちゃうんでしょうねぇwww
先日の、ギャラクシーの一団も参加するんですよね。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。